マカシェットスタッフのおいしいつぶやき

縮尺破壊の岩ガキと活ホッキ貝・・・アスパラも太い!

IMG_20190813_155135_resized_20190813_040009170

大きめの大人男性の手のひらくらいはある(20cm以上)

特大級の岩ガキです。

この大きさで割を食ってるのが隣にある特大のホッキ貝。

貝は大きいのが旨い!

生食は岩ガキに任せて、ホッキ貝はムニエルかパスタにしましょう。貝ダシたっぷりで生よりこちらのほうが好きという常連さんも多いのです。

 

アスパラは直径3cmクラス。アスパラはこのくらい太くないと。甘くて、筋張ってなくて。

シンプルに茹でて、ヒマラヤ岩塩でご提供します。

 

どれもスパークリングワインが一番のおススメですよ。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
レストラン&ワイン Ma Cachette(マカシェット)
http://www.ma-cachette.jp/
住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-24-1
TEL:045-561-6905
E-mail:ma.cachette.jp1@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ほぼフルコース・マカシェットのお試しコース

C0000279744 (1)

初めてご来店の方は是非お試しください。

スタッフに「コースでお願いします」とお伝えください。

 

オードブル:えぞアワビのワイン蒸し

サラダ:焼きパンチェッタと二色のチコリ・ルッコラのサラダ

お魚料理:当日の白身魚グリル

お肉料理:和牛ビーフシチュー&ガーリックトースト

 

ご予算:3800円(税別)

+500円でコースのお肉料理をA5ランク米沢牛サーロインステーキに変更できます。

2~4名様(4名様の場合はご予約をお願いいたします。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
レストラン&ワイン Ma Cachette(マカシェット)
http://www.ma-cachette.jp/
住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-24-1
TEL:045-561-6905
E-mail:ma.cachette.jp1@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【肉の達人】フライパンひとつで最上級のステーキを!!

%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3adownsize

シャトーブリンBlock3 シャトーブリアン カット

(写真)旨みの極み米沢牛A5のシャトーブリアン原木とステーキ手前

 

オーナーシェフ渡辺茂の故郷、山形の誇る最高級和牛「米沢牛A5」

ステーキの注文が入ると店内に素晴らしい香りが充満します。

外はカリっと中はとろけるように魂を込めて焼きあげます。
肉質が良いので、塩・コショウ・レモンだけでも美味しいです。

また、ワインに合わせてソースをご用意いたします。

 

サーロイン・ハネシタ・イチボ

(写真)ハネシタ、イチボ、友三角などの希少部位も常に仕入れられます。ステーキの王様サーロインは大迫力!!

牛タンシチュートリミング

〈写真〉オールドファンにも絶大な人気を誇る、じっくり煮込んだタンシチュー

 

山形県人会にも広い人脈を持つオーナーシェフだからこそ、山形牛の牛タンが手に入るのです。
和牛の舌は本当に珍しい!!

 

タイミングが良ければレアステーキにもありつけるかも・・・

 

 

2015-11-21 17.30.29

〈写真〉地鶏の香草焼          ¥1,300

 

(ニセコ)えぞ鹿リブロースグリル     ¥1,980

(秋田)八幡平 四元豚グリル       ¥1,680

(山形米沢牛 A5ランク)

肩ロース ハネ下ステーキ(150g)     ¥3,380

シャトーブリアンステーキ(150g)     ¥4,980

もうひとつの名物、サクサク!「うろこ付香草焼」

FullSizeRender (2)

マカシェットのファンに人気の高いもうひとつの名物料理、それが「うろこ付香草焼」です。
サクサクに焼き上げたうろこ付の皮、ふんわりと香りよい白身、旨みが凝縮されたアラのブイヨンソース。手作りのタルタルソース。

これは家庭では出せない料理の代表です!

%e7%86%9f%e6%88%90%e3%82%ab%e3%82%ad%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%ab

この季節の定番といえば「生牡蠣」

マカシェットでは陰干しして余計な水分を飛ばし、旨みを凝縮させた生牡蠣を更にこんがりグリルしてお出しします。

他では食べられない料理のひとつ。

 

刺身

素材の美味しさを引き出すのがマカシェットのオーナーシェフ渡辺の流儀。
美味しい魚介はやっぱりお刺身で食べるのが一番。

山葵と醤油もいいけど、ヒマラヤ岩塩とレモンで食べるのがマカシェット流。

 

明石パスタ

鯛カブトのだしのトマトソースパスタ。

魚好きなら目がない鯛カブト。アラと一緒に豪快にトマトソースでダシをとり、パスタにしてご提供。

もちろん鯛カブトのトマト煮の部分も美味しい!ボリューム満点!!

 

今週の新鮮な魚介類

生ホタルいか(富山):カルパッチョ、パスタ

極上 平貝(三重):刺身、カルパッチョ

活ホッキ貝(北海道):刺身、ムニエル

平目(和歌山):刺身、カルパッチョ、焦がしバター焼き

ぐじ(山口):うろこ付香草焼、カブトのペペロンチーノ

イトヨリ(長崎):刺身、うろこ付香草焼、カブトのトマトソースパスタ

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
レストラン&ワイン Ma Cachette(マカシェット)
http://www.ma-cachette.jp/
住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-24-1
TEL:045-561-6905
E-mail:ma.cachette.jp1@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ジビエの季節、エゾ鹿が入荷しました。

IMG_20190123_113131_resized_20190123_023908720

エゾ鹿のロースとシンタマです。

ジビエ、鹿肉というと、臭いと敬遠する方がいらっしゃいますが、

マカシェットではそんな肉は仕入れません。

 

鹿の臭いはハンターの腕と撃ってからのスピードが勝負です。

 

まずは一撃で仕留めること。

鹿を苦しませると、暴れてぶつけたり、ストレスのかかった血が回り、臭くなります。

だから、頭を一撃で撃ち抜くのだそうです。

 

そしてスピード。

仕留めてから1時間以内に精肉しないと臭くなります。

 

だから鹿肉は信頼のおける先からしか仕入れてはいけません。

 

今日の鹿肉もお見事なでき。

臭みなし、やわらか、甘みあり。

ステーキにして、カシスソースで仕上げます。

 

合わせるワインは、ブルゴーニュのバックビンテージで決まり。

Baron de Bief Bourgogne Pinot Noir 2004

IMG_0151

熟成のピークにありながらフレッシュ感もあり、ジビエのためにあるような1本です。

 

肉はやっぱりシャトーブリアンA5ステーキ!!「肉の達人」のページでその姿を確認してください!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
レストラン&ワイン Ma Cachette(マカシェット)
http://www.ma-cachette.jp/
住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-24-1
TEL:045-561-6905
E-mail:ma.cachette.jp1@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜市の美味しいイタリアンレストランをお探しなら、日吉駅近の「Ma Cachette (マカシェット)」

知っている人ぞ知る、こっそりと美味しい料理とワインを飲みながら気軽にくつろいで楽しめる隠れ家イタリアンレストラン「Ma Cachette (マカシェット)」。
東急東横線「日吉」駅より歩いて2分。素材を生かし、シンプルな調理法を追及した独自のスタイルで提供する特別な料理でお過ごしいただけます。
『マカシェットスタッフのおいしいつぶやき』では、その時々に入荷した一押しの食材と料理の情報を配信しておりますコースイメージ

ページ上部へ
Copyright © Ma Cachette All rights reserved.